EN

3Dプリントと金属粉体

金属の粒子径分布と粒子形状分析データを提供します。
金属の製造には、粉砕、ガス、液体、遠心噴霧、直接還元、抽出など、さまざまな物理的および化学的プロセスが含まれます。 各方法には、温度、圧力、等級、分離、保護などの厳密な監視指標があり、最終製品の粒子径、粒子形状、品質、その他の物理的および化学的特性を保証します。
Bettersize装置は、粉体の粒子径、粒子形状、および物理的特性をテストすることにより、製品品質を監視および制御し、製品品質を向上させ、金属の開発および製造プロセスにおける生産技術を最適化できます。 該当する製品には、アルミニウム、ビスマス、ブロンズ、金属炭化物、カドミウム、クロム、コバルト、銅、ガリウム、ハフニウム、インジウム、鉄、鉛、マグネシウム、モリブデン粉、ニッケル、ニオブ、プラチナ、レニウム、ルビジウム、 シリコン、銀、ストロンチウム、タンタル、スズ、二酸化チタン、タングステン、バナジウム、イットリウム、亜鉛粉体、酸化ジルコニウム、その他の希少金属およびこれらの一次金属のさまざまな合金。
さらに、粉末冶金部品製造では、粒子径と形状分析が必要です。 粉末金属コンポーネントは、さまざまな製造技術を使用して粉末金属から作られます。 これらの技術には、プレスと焼結、粉末鍛造、熱間静水圧プレス、電流支援焼結、金属射出成形、選択的レーザー溶融などがあります。
アトマイズされた金属粉体のサイズ仕様は、他の多くの部品製造プロセスよりも厳しいことがよくあります。 表面が薄い複雑な部品の場合、D(50)は小さくなり、粒子径分布は狭くなる可能性があります。 レーザーメルターベッドの疎充填密度を最大化して密度と強度を最適化し、完成部品のボイドを最小化するには、二峰性分布が必要になる場合があります。
生成された粒子は、レーザー溶融層の良好な流動性とパッキングのために、非常に球形で滑らかな表面でなければなりません。
汚染物質は金属粉末に有害です。単一の汚染物質でも、部品の非常に薄い部分に点欠陥を引き起こす可能性があります。 動的画像分析を品質管理に使用して、粒子が不規則であるか、粗い表面であるか、または半透明であるかを監視できます。 目的に適さない材料の量は、体積または数によるサンプルの割合として定量化できます。
金属粉体をリサイクルすると、摩耗したり、リサイクル時に汚染されたりする可能性があります。 仕様から外れた場合は、仕様の粉末を再度製造するために、溶解して再度噴霧する必要があり、費用がかかります。
金属粉末の品質管理は、粉体メーカーの出荷検査および粉末冶金部品メーカーの出荷検査の品質仕様を満たすために実施する必要があります。 粉体の形態と粒子径分布は、金属粉末の流動性、充填密度、および汚染レベルに影響を与えます。
さらに、以下のシステムで粉体の形態と粒子径分布を測定すると、成形部品のグリーン強度、多孔度、焼結強度、および機械的特性を決定するのに役立ちます。

粒度分析計
  • No.9, Ganquan Road, Jinquan Industrial Park, Dandong, Liaoning, China.
    No.9, Ganquan Road, Jinquan Industrial Park, Dandong, Liaoning, China.
  • 86-415-6163800
    86-415-6163800